×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

考察:忍者トットリくん

まわりが言うほどヘタレでも犬でもないと私は思ってます(笑)
見かけは幼いけど、結構役に立つし頼りになる
能ある鷹は爪を隠すんだよ、きっと、たぶん、、、

でも、精神的にドM(苦笑)

打たれ強く我慢強い、苦境に立てば立つ程強くなるタイプ

そして、長年女王さまの側にいたので躾が行き届いていてよく気が付く
一家に一人置いておきたい可愛いペットであ〜る(笑)


 
 
 

忍者の二面性

彼の場合「仕事がデキル」という事は「何人でも殺せる」という事。

闇に生まれ闇に生きる忍の末裔

組織の刺客という仕事は天職だと思ったが、次第に精神が軋む

そして

唯一、トットリを狂気の淵から引き上げてやることができる存在が親友ミヤギ
トットリにとってミヤギは泥沼の中から見上げた光

トットリはひたむきにミヤギを愛する事で人間性を保っているが

自分の醜悪な闇の部分を好きな相手には見せたくなくて、また、あがく。
 

ミヤギは全部わかってて、それでも彼の気持ちを察してけっしてその事には触れない。

トットリが悩んで落ち込んでるときは黙って手をさしのべる
そして、当然のことのように自分の側に居るように命令する。
女王さまなりの優しさ。

やはり、二人は一緒にいなけらばならない”ベストフレンド”

実は体も傷跡だらけだったりする。
放し飼いにすると危険な犬。