×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ベスフレ南国アニメオリジナル脚色

出会い編

南国アニメ第五話でミヤギを追って島に上陸したトットリが二人の出会いを回想するシーン



どう見てもラブコメ的な展開

しかも一昔前の少女漫画の王道を彷彿とさせるベタっぷり!!!


管理人は南国シリーズの男っぽいトットリが好きだ

このエピソードでも何気にリードしてるのはトットリのように見えて仕方ない

二人きりで会いたくて人気の無いところに二十世紀梨をエサにミヤギを呼び出したのももちろんトットリに違いない


更に、ようやく再会した植物状態のミヤギの半裸の腰に泣きながら抱きつく様は体の自由を奪われ肌もあらわに晒しものになっている恋人の姿に異常に興奮しているように見えなくもない

シンタロー及び読者(視聴者)に『僕たちは特別な関係!』と既成事実を見せつけてるようだ。

可愛い顔してなかなか強引でエロスな男である(笑)

アニメオリジナル脚色と言えば、この子たち揃って極度の東京コンプレックス

第38話でシンタローの「東京に遊びに連れてってやる」の一言でサービスに果敢に向かっていく姿は同じ田舎者として涙なしでは見ていられない



ホント、お前ら可愛すぎる♪